ひねもすサウンドトラック (3)
1999年2月掲載
Soundtracks, A Go Go!

(ディスクデータは、メディア種別/発売年/レコード会社/レコードナンバー/原盤会社/定価/中古購入価格の順に記載)

ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

スピード SPEED (1994)
音楽:マーク・マンシーナ
監督:ヤン・デ・ボン
出演:キアヌ・リーブス、デニス・ホッパー、サンドラ・ブロック
CD/ 1994/ ARISTA/ 07822-11020-2/ FOX/ \2,500 [輸入盤]
キアヌ君がよく走り、ホッパー小父さんが悪役でキレる。 押し寄せる危機をなぎ倒すタイトな演出が冴えるその名通りのノンストップムービー。 文句なし!面白い!

[音楽とサントラ] 今となるとマーク・マンシーナのアクション曲はどれも似た印象がありますが、でもこの映画の音楽を最初に聞いたときのスピード感は衝撃的でした。 日本ではインスパイアと称したロック・コンピ盤しか出ておらず、絶対輸入盤のスコア盤がある筈だと確信し探しに行ったらやはりあるのです。 
Amazon.co.jp アソシエイト このCD(スコア盤)を購入
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

スピード2 SPEED 2 CRUISE CONTOROL (1997)
音楽:マーク・マンシーナ
監督:ヤン・デ・ボン
出演: サンドラ・ブロック、ジェイソン・パトリック、ウィレム・デフォー
CD/ 1997/ VIRGIN/7243 8 44204 2 0/VIRGIN/\----/\900[輸入盤中古]
今度は大きな船が突っ走る映画ですが、やはりバスと違って船ではなかなかスピード感が出ません。 それに「止まれるのに止まれない」のと「とにかく止まれない」のでは同じサスペンスでも観客のやきもきの度合いが違います。 一応、乗客のパニックやら水没の恐怖やらこの手の映画の定石の描写はありますが、とりあえず描いてみただけという感じです。 一番笑ったのは、エレベータに閉じ込められた少女。 何せ、「ダイ・ハード」みたいに自分で脱出しちゃうんだもんなあ。 ヤン・デ・ボンは狙ってやってます?

[音楽とサントラ] サントラCDはロック・コンピ盤のみの発売。 マンシーナの曲をTKがアレンジしたエンドタイトルだけを目当てに購入したのですが、テーマ・メロディのリフレインという映画音楽の定石的構成の曲を、TKの激しくも単調なアレンジでやられたら飽きるったらない。 日本盤はこのTKアレンジのロング・バージョンがボーナス・トラックで追加されているのですが、別に買う気もおきません。 
Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤)を購入  このCD(輸入盤)を購入 
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

大空港 AIRPORT (1970)
音楽:アルフレッド・ニューマン
脚本・監督:ジョージ・シートン
出演:バート・ランカスター、ディーン・マーティン、ジーン・セバーグ、ジャクリーン・ビセット、ジョージ・ケネディ、ヘレン・ヘイズ
CD/1993/VARESE/VSD-5436/\2,500[輸入盤]
ご存知パニック映画の開祖。 ハイジャックされた旅客機を軸に、パイロット、空港職員、スッチーらの人生模様を見せ、グランドホテル形式+ディザスター=パニック映画の公式を確立させた傑作サスペンス。 

[音楽とサントラ] 私は実はこの映画大好きでありまして、当然、音楽も大好きであります。 ちょっとした小細工なんか吹き飛ばすストレートで豪快なメインテーマは聴くと血が燃えるのを抑えられません。 他にも、愛のテーマ、爆弾犯人のテーマ、コミック・リリーフとして登場する老婦人のテーマなど実にバラエティに富んだ傑作であります。 アルフレッド・ニューマンの遺作となりましたが、最後もいい仕事を残してくれました。 CDは、私の持っているのは輸入盤ですが、日本盤も出ています。 
Amazon.co.jp アソシエイト 大空港CD
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

エアポート’75 AIRPORT 1975 (1975)
音楽:ジョン・カカバス
監督:ジャック・スマイト
出演:チャールトン・ヘストン、カレン・ブラック、ジョージ・ ケネディ、エフレム・ジンバリストJr、シド・シーザー、グロリア・スワンソン
CD/1995/MCA VICTOR/MVCM-22074/MCA/¥2,200
「大空港」に続くエアポート・シリーズ第2弾。 事故にあって着陸困難になるジャンボ機の部分だけをいただき、人間ドラマよりもそのサスペンスを強力に押し出した映画。 それでも、最近のハリウッドのSFX頼みの空疎な話より断然面白いよ。 ただし、この映画以降のエアポート・シリーズは掛け値なしのクズ(好きだけど)。 

[音楽とサントラ] 当時の新鋭、ジョン・カカバスが音楽を担当。 と言っても世代的にはジョン・ウィリアムズやジェリー・ゴールドスミスと一緒。 この波がせまって来るようなメインテーマはなかなかよい。 オケに電子音も大胆に使ってますが、軽薄に流れないところは上手。 このCDは日本盤ですが、古い映画で決してメジャーとは言えないのによくCDが出たものです。 この際、「エアポート77」も「エアポート80・コンコルド」もCD化されないもんかしら。 
Amazon.co.jp アソシエイト エアポート '75CD購入
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

タイタニック TITANIC (1998)
音楽:ジェームズ・ホーナー
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、ビル・パクストン
CD/ 1998/ SONY/ SRCS8529/ SONY/ \2,345 /\1,250
事件以来何度となく沈められてきたこの豪華客船をキャメロンが沈めると聴いたときは当然アクション映画と喜んだのですが、なんとまともな人間ドラマ。 生き残ったばあさまの現代の回想を軸にして構成に気をつかい、本筋のロミジュリ話にだれるとすかさず現代に戻るなどお客を飽きさせぬ工夫はしてます。 ただワキの人物像が単純すぎて大作らしい風格はないし(デビッド・ワーナーのボディガードだけは絶対いい奴だと思ったんだが。 でも「わらの犬」だからな)、乗客をよく描いてないので沈没シーンの悲劇性は薄い。 どう考えても3時間の撮り方ではないけれど、それでもSFX頼みの多くのハリウッド大作に比べればはるかに正攻法の人間ドラマで観る価値あります。 ただし、ケイト・ウィンスレットのメイクが終始キャバいのは最大の誤算。 ところで、鳴り物入りで発売されたビデオも、リリース直後からいきなりダブついてました。 レンタルでの回転率も1/3。 とびつくような人はもう観ちゃったし、すぐにでも二度観たい映画ではないということ?

[音楽とサントラ] バグパイプを持ち出して全体にアイルランド風味。 コーラスを幾度となくフィーチャーして繊細で美しい雰囲気は確保していますが、アレンジが若干単調で重厚さに今ひとつ欠けるところが惜しい。 セリーヌ・ディオンの主題歌はもちろん収録。 2枚目のサントラ「バック・トゥ・タイタニック」初め、沈没するまで最後まで演奏していたという弦楽四重奏団を演じたバンドのアルバムなど便乗商品が乱発された映画。 
Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤)を購入  このCD(輸入盤)を購入  バック・トゥ・タイタニック:国内盤を購入  バック・トゥ・タイタニック:輸入盤を購入 
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

大地震 EARTHQUAKE (1974)
音楽:ジョン・ウィリアムス
監督:マーク・ロブスン
出演:チャールトン・ヘストン、ジュヌビエーブ・ビジョルド、エヴァ・ガードナー、ジョージ・ケネディ、リチャード・ラウンドトリー、ローン・グリーン
CD/1993/VARESE/VSDー5262/MCA/¥2,300[輸入盤]
若い女と浮気したチャールトン・ヘストンが地震の中で真の愛に目覚める話。 ジュヌビエーヌ・ビジョルドだもんそりゃわかる。 とにかく地震が起きるまでがひたすら長く、パニック映画フリークの私も流石にきついダレダレB級大作。 当時のパニック映画の常連、ジョージ・ケネディが警官に扮したシーンだけが面白いのは、この手の映画は災害の解決に主体的に立ち向かうキャラクターが不可欠であることを教えてくれます。 ウォルター・マッソーが酒場の飲んだくれでカメオ出演してるのが有名ですが、クレジットはどうなってるかと思ったらウォルター・マトゥシャンスカヤスキーと目茶苦茶な名前。  (4/26追記)Pさんからの情報によると、これ、マッソーの本名だそうです。 Pさん、ありがとうございました。 

[音楽とサントラ] シンセを大胆に使った曲や、ボサノバ調のラブ・テーマなど妙にバラエティ豊かなアルバム。 豪快でありながら端正な印象の曲が多いのはウィリアムスのワザでしょう。 最後に効果音集もあり。 
Amazon.co.jp アソシエイト 大地震CD
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

ダンテズ・ピーク DANTE'S PEAK (1996)
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード(メインタイトルのみ)、ジョン・フリゼール
監督:ロジャー・ドナルドスン
出演:ピアース・ブロスナン、リンダ・ハミルトン、チャールズ・ハラハン
CD/ 1997/ SLC/ SLCS-7314/ VARESE/ \2,548 /\300
「ボルケーノ」が来るぞ!という事で速攻で作った立ち食いそばのような二番煎じ作品。 味わいもまた立ち食いそばそのもので、なんら対策をうたずただただ騒いで逃げ回るだけの弱いシナリオは「大地震」を思い出させます。 ストーリー展開、死ぬ奴生き残る奴すべて予言できるという観客をみなノストラダムスに変える映画。 そういう意味ではこれほど安心して観られる映画も珍しいでしょう。 

[音楽とサントラ] 知名度の問題なのかテーマ曲のみジェームズ・ニュートン・ハワードが書いていますが、新鋭ジョン・フリゼールの曲の方が断然よい出来です。 印象的なメロディは提示できませんでしたが重厚なオーケストレーションは聴かせます。 
Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤・廃盤ですが一応)を購入 (輸入盤も廃盤の模様)
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

ツイスター TWISTER (1996)
音楽:マーク・マンシーナ
監督:ヤン・デ・ボン
出演:ヘレン・ハント、ビル・パクストン、ジェイミ・ゲレツ、ケリー・エルウェス
CD/1996/ATLANTA/82954-2/\2,300[輸入盤]
竜巻を追っかけてた人々が今度は逃げる映画。 それしかいいようがない。 とにかく竜巻が吹き荒れ続けて観てる間は面白かったけど、なんも憶えてません。 あ、最後は絶対死ぬと思うぞ。 フリーの竜巻追っかけ業者、という謎の商売の存在を知ったのが最大の収穫。 アメリカって国は何でもありですね。 

[音楽とサントラ] 日本盤はボーカル・コンピ盤のみの発売ですが、「スピード」のマンシーナのスコア曲のCDが輸入盤で入手可能。 相変わらずスピード感あるスコアで、映画全体としてコミカルな雰囲気もあった為に、このCDでも明るい曲が多く収録されています。 
Amazon.co.jp アソシエイト ツイスター(スコア盤)CD
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

デイライト DAYLIGHT (1996)
音楽:ランディ・エデルマン
監督:ロブ・コーエン
出演:シルベスター・スタローン、エイミー・ブレネマン、ヴィゴ・モーテンセン、ダン・ヘダヤ、バリー・ニューマン
CD/1996/MCA VICTOR/MVCU-6/UNIVERSAL//¥2,500/¥300
事故によりトンネルに閉じ込められた人々の脱出を描いた映画。 主要な登場人物を絞り、定番の泣かせも盛り込んでソツなく人間ドラマとしてまとめています。 スタ公のワン・スター映画だけにワキに大物がいないのが映画の「格」を感じさせないのと、主人公たちが閉じ込められているのにトンネル爆破を強行する道路局長(交通局長だったかな?)のサイド・ストーリーが観客を納得させられないのが残念。 クライマックスの大脱出シーンはご愛敬。 どうしても最後はSFXで大スペクタクルを見せなきゃならない、というハリウッドの脅迫観念が感じられます。 

[音楽とサントラ] 収録曲に効果音楽的なものが少なく、みんなメロディを持っているので聴きやすい。 テーマ曲は打楽器のような低いピアノによる単調なメロディを繰り返しながら、アレンジで手を変え品を変え盛り上げます。 壮大さ、荘重さという点では一歩ゆずるものの、重厚に聴かせるシンフォニー。 

このCDの中古をお譲りします==>サントラ・ガレージセール
Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤)を購入  このCD(輸入盤)を購入 
TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

ポセイドン・アドベンチャー THE POSEIDON ADVENTURE (1972)
音楽:ジョン・ウィリアムス
監督:ロナルド・ニーム/原作:ポール・ギャリコ
出演:ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、レッド・バトンズ、キャロル・リンレイ、ロディ・マクドウォール、シェリー・ウィンタース、レスリー・ニールセン
CD/ 19??/ JOHNNY BOY/ JBCD3001/ ---- / \5,000 [輸入海賊盤]

 (映画コメントは、正規発売のプロモ盤の紹介ページに移転しました)

[音楽とサントラ] 映画の性格もあるのか、抑え目のスコアばかりですが、どんよりと曇った夜の海のうねりをイメージさせる渋いストリングスとブラスが重厚さを醸し出します。 大ジョン・ウィリアムズ先生の代表作ながらなぜか正規盤CDは出ていません(後にFSMからプロモ盤扱いで正規盤CDがリリースされています。 2003/3記)。 この海賊盤CDは95年頃に出たもので、主題歌「モーニング・アフター」と映画未使用テイク2曲も収録されたお徳用版。 ただし、音質はFMラジオなみ。 ちなみに5000円で買ったのですが銀座の某中古店では15,000円(1998年)というボッタクリ値段をつけてました。 

 [当サイトの関連音盤]

  ポセイドン・アドベンチャー
  ポセイドン・アドベンチャー[海賊盤](本盤)
  "ベスト・オブ・モーリン・マクガヴァン"(主題歌収録)

Amazon.co.jp アソシエイト この映画のDVDを購入  主題歌 "Morning After" を収録したCD "The Best of Maureen McGovern" を購入 

TOP OF PAGE  INDEX:パニック映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME


このホームページの記事を作成者の許可なしに転載・複製・編集等をすることを禁じます。 
Copyright[C] 1999 by FUNA