ひねもすサウンドトラック (1)
2009年8月掲載
Soundtracks, A Go Go!

(このページの掲載作品: KT ソウル インサイド・マン ドゥ・ザ・ライト・シング[スコア] 警官ギャング

(ディスクデータは、メディア種別/発売年/レコード会社/レコードナンバー/原盤会社/定価/中古購入価格の順に記載)

ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME


KT〜「境界線上の狂気」 KT (2002)
音楽:布袋寅泰
監督:阪本順治
出演:佐藤浩市、キム・ガプス、チェ・イルファ、原田芳雄、筒井道隆、ヤン・ウニョン、香川照之、大口ひろし、柄本明、光石研、利重剛、麿赤兒、江波杏子、平田満、浜田晃、佐原健二、
CD/2002/TOSHIBA EMI/TOCT-24810/TOSHIBA EMI/\2,500/\1,974 [中古]

 1973年に日本で発生し外交問題に発展した、KCIA(韓国中央情報局)による金大中拉致事件を描いた、中薗英助原作のスパイ・サスペンス。 拉致の裏には、実行のサポート役として自衛隊の陸幕二部別班※が暗躍していた、というお話 (※正式名称は「陸上自衛隊幕僚監部第二部別班」。 60年代から70年代にかけて、日本のフィクションにやたらと登場した自衛隊のスパイ組織です。 現在は、自衛隊情報本部に統合されたとかされてないとか)。 タイトルの「KT」は、金大中=Kim Tae-jung のイニシャルをとったコードネーム。

 実際の事件の裏に本当にこういうことがあったのかどうか知りませんが、映画としては悪くない出来。 興味深いのは、朴政権内の高官の圧力により仕方なく拉致に手を染める在日KCIA関係者や、虐げられた立場に嫌気がさし、「軍人が戦っていて何が悪い」と個人的な「闘い」として彼らに協力する陸幕二部別班員と、双方の工作員が無駄な屈託を抱えているところ。 それゆえになんとも素人くさい工作が展開します。

 自衛官・富田三佐(佐藤浩市)は「三島由紀夫とクーデターを計画していた」とかペラペラしゃべるし、せっかくカモフラージュ用の活動拠点として興信所の「店を開いた」のに事務員は一般の女性を雇うし、協力者が日本人とわかったとたんに「日帝36年の恨(ハン)を忘れたのですか!」とかKCIAの女性が叫ぶし、プロフェッショナルが 作戦行動中にそんなこと言ってる場合じゃないだろう?

 なにかこう、ヨタヨタした作戦展開が実にありそうで、そのリアル(そう)なところが逆に面白いのでした。 だからこそ、エンディングの(ネタバレ伏字>)富田の暗殺は成功して欲しくなかったなあ。 あんな不器用なスパイ組織に、そんなこと無理だろう。 ぶち壊しです。

 まあ、韓国におもねった「日帝の恨み・在日の苦しみ・日本に謝罪と賠償」的な無駄なメッセージが比較的少ないのも良かったですけどね。 素人臭い自衛隊が裏にいる、って設定がちと馬鹿馬鹿しく、なんだかんだ言ってスパイ・アクション映画なんだから、その辺は焦点がぶれるから。 ただ、もう少し短くて良かった。 「冗長」と「骨太」は、ちょっと違うと思う。

[音楽とサントラ] 音楽は、「新・仁義なき戦い」でも阪本監督と組んだ布袋寅泰(「境界線上の狂気」は映画のサブタイトルではなくアルバム・タイトル)。 ギターも少々ありますが、編成は主にオーケストラ。 同じメロディをリフレインして画面を彩るミニマル風ミュージックを全編に渡って使えど、フィリップ・グラスほど狂気を感じられず、どちらかといえばアクション映画の雰囲気。 重々しい画面に合わない気もしますが、逆に軽めの曲の方が、この映画がスパイ・アクションであることをハッキリさせてますので、このアプローチで正解だったと思います。

 ところで、拉致の直後、高速道路をひたすら逃走するクルマに、現実音を完全にカットしてロマンチックな曲を付けているのですが、なにか 「太陽を盗んだ男」 を思い出しました。 オマージュかなあ、これ。 この曲(ラブ・テーマ)のアクティブなエレキギター・バージョンが、最終トラックに収録されています。 これはノリが良くてよいです。 (2009/08/25)


Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤)を購入  この映画のDVDを購入 

TOP OF PAGE  INDEX:アクション邦画  INDEX:五十音邦画  MENU  HOME

ソウル SEOUL (2002)
音楽:住友紀人
監督:長澤雅彦
出演:長瀬智也 早瀬祐太郎、チェ・ミンス、リー・チャンユン、キム・ジヨン、チェ・ソンミン
CD/2002/UNIVERSAL/UUCH-1044/UNIVERSAL POLYDOR/\3,059

 日本人新人刑事(長瀬智也)が犯人護送に訪れた韓国で事件に巻き込まれる。 韓国の熱血系部長刑事と対立しながらも捜査に携わるが・・・という日韓共同製作のバディ・ストーリーもの。 「ホワイトアウト」と「シュリ」両作品のスタッフが結集!だそうです。

 私は未見なれど、公開時の評判はサンザンでした。 日韓友好がやたらと盛り上がっていた時期の作品だけに、ブームに乗って安直に作られた作品というのが、見てない人間からもまるわかりだったし >フジテレビ。

 だいたい、監督が、「夜のピクニック」、「ココニイルコト」などのふんわり系人情映画を得意とする長澤雅彦で、この時点でどう考えても人選ミスでしょう。

[音楽とサントラ] ところが、 「ホワイトアウト」 も担当した住友紀人の音楽がなかなか良いのです。 逃走や追跡を彩るアップテンポの曲と、サスペンス描写のふたつのテーマを主軸に展開するストレート真っ向勝負のオーケストラ。 いまどき(当時)の作品らしくジマーやトレバー・ジョーンズのニュアンスは感じるものの、過度に影響されることはなく、かと言ってメロディレスな地味な楽曲に陥ることもなく、いい意味でテレビ的な疾走感を演出してくれます。

 同じフジテレビ共同製作、亀山千広プロデューサーということで 「踊る大捜査線」 と比較するなら、映像音楽として考えるならケレンのない素性の良さで本作に軍配。 映画が大コケしたのち、市中に300円とか500円のクズ値で一時出回ってましたが、楽曲としてはなかなか聞かせるのに。 残念。

 ただ、21世紀のアルバムだというのに、劇中のセリフまでCDに収録したのは余計でしたね。 この辺に、「ソウル」という映画のマーケティングのいい加減さというか、自信のなさが透けて見えます。 長瀬の声を入れればコアなジャニ好きが買うとでも思ったのでしょうか。 (2009/08/25)


Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤)を購入  この映画のDVDを購入 

TOP OF PAGE  INDEX:アクション邦画  INDEX:五十音邦画  MENU  HOME

インサイド・マン INSIDE MAN (2006)
音楽:テレンス・ブランチャード
監督:スパイク・リー
出演:デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、ウィレム・デフォー、キウェテル・イジョフォー、キム・ディレクター、カルロス・アンドレス・ゴメス、ジェームズ・ランソン、ケン・レオン
CD/2006/GENEON/GNCE-3053/VARESE SARABANDE/\----/\1,550 [中古]

 多数の人質をとって銀行に立てこもる犯人グループの要求は、ジャンボジェットを用意しろだの非現実的なものばかり。 真意を図りかねる交渉担当の刑事(デンゼル・ワシントン)が苦慮する一方、この事件にある危機感をもった銀行オーナー(クリストファー・プラマー)は、敏腕弁護士(ジョディ・フォスター)を雇って犯人と交渉させるが・・・。

 スパイク・リーが、盟友デンゼル・ワシントンと組んだサスペンス・ドラマ。 スパイク・リー作品にしてはメッセージ性が低い娯楽作品です(解放されたアラブ人の人質がいびられるあたりぐらいか・・・)。 

 人質にみんな犯人と同じ格好(トレーニング・ウェアにマスク)をさせて誰が犯人かわからなくさせるトリック、その犯人探しの取り調べ(つまり事件よりも後の時点)シーンを混ぜながら進行させるカットバックならぬ「カットフロント」手法(?)など、大した牽引力のある映画で、十分に楽しませていただきました。 結末は若干尻すぼみでしたし、ウィレム・デフォーとジョディ・フォスターとか、大した役じゃないのにもったいない使い方なのは気になりましたがね。

[音楽とサントラ] 音楽は、これまたスパイク・リー映画常連のジャズ・ミュージシャン、テレンス・ブランチャード。 もっともジャズ色は強くなく、モノトーンのジョン・バリーというか、木管・金管を強めに配したグレアム・レヴェルというか、かなり地味目の音楽です。 いぶし銀の魅力で、やはり映画を見てから楽しむのが筋ってもんでしょう。 「ボリウッド」(インド映画界)をテーマにした、インド・テイストあふれる軽妙な主題歌も収録。 (2009/08/22)


Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤)を購入  このCD(輸入盤)を購入  この映画のDVDを購入 

TOP OF PAGE  INDEX:サスペンス洋画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

ドゥ・ザ・ライト・シング DO THE RIGHT THING - Original Score (1989) [スコア盤]
音楽:ビル・リー
製作・監督・脚本:スパイク・リー
出演:ダニー・アイエロ、スパイク・リー、ビル・ナン、ジョン・タートゥーロ、ジョン・サヴェージ、ルビー・ディー、ロージー・ペレス、オシー・デイヴィス、リチャード・エドソン、ジャンカルロ・エスポジート、サム・ジャクソン、ジョイ・リー、スティーヴ・ホワイト、ミゲル・サンドヴァル、マーティン・ローレンス
CD/1989/CBS/CK45406/COLUMBIA/\----/\788 [輸入盤中古]

 アメリカの市井に暮らすマイノリティ(黒人やイタリア移民)の生活をユーモラスに描きながら、最後はドッカンとエラい方向に進むらしい、スパイク・リー監督・出演作品。 私は未見で、公開当時はまったく興味がなかったのですが、このトシになるとちょっと見てみたい作品です。

[音楽とサントラ] 音楽担当は、著名なジャズ・ベーシストにしてスパイク・リーの実父、ビル・リー(スパイクの商業デビューから5作目「モ’・ベター・ブルース」までずっとビルが担当してます)。 さらにトランペットにウィントン・マルサリスがフィーチャーされるという豪華な布陣です。 

 だからサントラは、もちろんジャズ。 もっとも、テーマに匹敵する曲は、いかにもアメリカの田舎町の描写にありがちな非ジャズ的な旋律を響かせますが、アルバム中盤からはそれぞれのソロ・パートがインプロビゼーションをとばすとばす。 正直、映画にどう使っているか検討がつかない曲も多く、その意味もあって、見てみたい映画です。 ジャズ・アルバムとして堪能させていただきました。 ・・・まさかインスパイアード・スコアじゃねえだろうな。 (2009/08/22)


Amazon.co.jp アソシエイト このCD(スコア国内盤)を購入  コンピレーションCD(国内盤)を購入  このCD(スコア輸入盤)を購入  コンピレーションCD(輸入盤)を購入  この映画のDVDを購入 

TOP OF PAGE  INDEX:ヒューマン映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME

警官ギャング COPS AND ROBBERS (1973)
音楽:ミシェル・ルグラン
監督:アラム・アヴァキアン/脚本:ドナルド・E・ウェストレイク
出演:クリフ・ゴーマン、ジョセフ・ボローニャ、ジョン・P・ライアン、ディック・ウォード、シェパード・ストラドウィック、ジョー・スピネル
CD/2009/KRITZERLAND/KR 20013-0/KRITZERLAND/$19.95 [輸入盤]

 仕事に飽いた現職警官が、1億ドルものマフィアの金をかすめ取りに・・・・という、ドナルド・E・ウェストレイク脚本らしいアクション・コメディ。
 ウェストレイク自身の手によるノヴェライズを読み、映画も(昔の地上波で)見たのですが、残念ながら中坊のころなので、語れるほど憶えていないのです。 原作本は絶版、日本版DVD未発売のB級映画です。 監督は「新・おしゃれ泥棒」や、「真夏の夜のジャズ」(共同監督)のアラム・アヴァキアン。 出演は、「ジャグラー/ニューヨーク25時」でジェームズ・ブローリンの刑事をつけ狙うクリフ・ゴーマン、「弾丸特急ジェット・バス」で主役ドライバーを演じたジョセフ・ボローニャ、「未来世界」で確か6番目か7番目あたりにクレジットされていたジョン・P・ライアン。 うわあB級だ。

[音楽とサントラ] ところが、"It's ナントカ Cops and Robbers..." と力強くささやくコーラスをバックに、オヤジがボヤくように歌う主題歌が印象的でよくおぼえていたので、CDは買いであります。 まさかサントラが出るとは。 感無量です。 100枚限定なのでお早めに。
 なんと音楽はミシェル・ルグラン。 スコアは全体にジャズで、軽妙なれど羽目をはずし過ぎない落ち着いたジャズをきかせてくれます。 アルバム終盤はほとんどフリージャズ。

 面白いのは、"Chase" という曲のリジェクト・バージョンが収録されているのですが、このリジェクト版も十分にアドリブが強いのに、採用バージョンはそれに加えてさらにパワーアップしたインプロビゼーション。 物足りなかったんだねリジェクト版じゃ。 (2009/08/19)


Amazon.co.jp アソシエイト この映画の原作(ノヴェライズ)本を購入 

TOP OF PAGE  INDEX:アクション洋画  INDEX:コメディ映画  INDEX:五十音洋画  MENU  HOME


このホームページの記事を作成者の許可なしに転載・複製・編集等をすることを禁じます。
Copyright[C] 1999-2009 by FUNA