ひねもすサウンドトラック (1)
2003年9月(2)−10月掲載
Soundtracks, A Go Go!

(本ページ掲載作品: シックス・デイ レッドブル バトルランナー コナン・ザ・グレート スペースコブラ S.W.A.T. "ミッション・アコンプリッシュド" テレビジョンズ・グレイテスト・ヒッツ テレビジョンズ・グレイテスト・ヒッツ 70's & 80's / )

(ディスクデータは、メディア種別/発売年/レコード会社/レコードナンバー/原盤会社/定価/中古購入価格の順に記載)

ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME


シックス・デイ THE SIXTH DAY (2000)
音楽:トレバー・ラヴィン
監督:ロジャー・スポティスウッド
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、トニー・ゴールドウィン、ロバート・デュバル、マイケル・ラパポート、マイケル・ルーカー、サラ・ウィンター、ウェンディ・クルーソン、ロドニー・ローランド 
CD/VOLCANO/CPC8-1131/VARESE/\----/\1,029[中古]
 「神は6日目に人を作った」ことにちなんで命名された「6d法」で、人のクローンが制限されている近未来。 観光ヘリのパイロットのシュワルツェネッガーが自宅に帰ると、なんともう一人の自分が奥さんと子供とお誕生日パーティ。 何かの陰謀に巻き込まれたシュワ公が逃亡と反撃の末にたどり着いたのは、ビル・ゲイツだった・・・。 

 シュワルツェネッガーが二人いても、迷惑するのは商売上がったりになるヴァン・ダムとドルフ・ラングレンぐらいだと思うのですが、本人にとってはそれどころじゃないでしょうな。 あんまり評判がよろしくない映画ですが、ちゃんとストーリーあり家族愛あり「自己との対決」あり(ホントに対決する)どんでん返しありほのぼのとしたハッピーエンドあり、それほど悪くない映画でした。 まあ殺しても殺しても生き返ってくる殺し屋軍団には「少なくとも死ぬときゃ痛いだろ」とツッコンでおきたいですが。 きっとこれがあるから「コメディ」と認識されたのでしょうけど。 少なくともラジー賞とるほどヒドい映画ではないと思いますよ。

[音楽とサントラ]  「コン・エアー」がワタクシ的には今ひとつだったのでトレバー・ラヴィンはあまり聞かなかったのですが、随分とよくなっているのでビックリ。 シンセサイザーでフルオーケストラを再現した重量級音楽は、メロディはそこそこ唄い、スキマを作ってベッタリにならず、コーラスで奥行きを出し、しっとりとした家族愛の描写でアルバム全体の緩急をつけ、かなり健闘しております。 テーマメロディが中近東風なのがどれほどの効果があるかはわかりませんが、なかなか聞かせるアルバムだと思います。 (2003/10/24)
Amazon.co.jp アソシエイト このCD(パイオニアLDC再発・国内盤)を購入  このCD(輸入盤)を購入
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

レッドブル RED HEAT (1988)
音楽:ジェームズ・ホーナー
監督:ウォルター・ヒル
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、 ジェームズ・ベルーシ、エド・オロス、ピーター・"チャーリーの代理人"・ボイル、ラリー・フィッシュバーン、ジーナ・ガーション、リチャード・ブライト
CD/1988/VIRGIN/VJD-32088/VIRGIN/\3,008/\1,260[中古]
麻薬密輸組織を追って来米したソ連のコワモテ捜査官シュワちゃんと、その面倒を見ることになったはみ出し刑事ヤンキー派ベルーシ。 いかにも冷戦崩壊後のデタント(緊張緩和)の時代に作られた、ウォルター・ヒル十八番の米ソ交流デコボコ刑事コンビ映画。 コミカルな味付けがないと面白くならない題材なんですが、それはジェームズ・ベルーシが一人で奮闘しつつもシュワちゃんのフットワークがいまひとつ。 「48時間」はやはりエディ・マーフィーとニック・ノルティの芸に助けられたという気がしてきます。 ベルーシは「K−9」とか相手が人間じゃない映画では達者なのになあ。

[音楽とサントラ] 音楽は「48時間」でもウォルター・ヒルと組んだジェームズ・ホーナー。 ロシア音楽風コーラス、崩壊感溢れるドライなアクション・スコア、たびたび聞こえるジャズとバンブー・フルート(尺八)は、「48時間」ないしその続編「48時間PART2」の姉妹編の趣き。 後半の前衛音楽風のアクション曲はやり過ぎという気もしますが、この当時のホーナーとしてはまずまず。 (2003/10/24)
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

バトルランナー THE RUNNING MAN (1987)
音楽:ハロルド・ファルターメイヤー
監督:ポール・マイケル・"刑事スタスキー"・グレイザー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、 マリア・コンチータ・アロンゾ、ヤフェット・コットー、リチャード・ドーソン、ジム・ブラウン、ジェシー・ヴェンチュラ、アーランド・ヴァン・リドス、マーヴィン・J・マッキンタイア
CD/1987/TER(TAFT ENTERTAINMENT)/CDTER1158/VARESE/¥----/\1,260[輸入盤中古]
 冤罪で逮捕された警察官(シュワ)は、殺し合いに生き延びれば解放されるTVショーに出演させられるが、なんと悪役をみんな叩きのめして逃走してしまった。 ・・・倒産しかけた遊園地のようなセット、町内運動会の仮装のような衣装、無駄にテンションの高い役者、地方都市のビジネスホテルのように気の抜けたストーリー、お風呂場のタライのようにスケールの小さいクライマックス、と、どこを探してもいいところがない映画にも関わらずなぜかそこそこ面白かったという記憶が残っている不思議な映画。 5年ほど前に見たときは既に愚作の誉れも高い作品だったにもかかわらず、いま思い返しても「そんなに悪くないじゃん」という感想だったような。 おそらくは、初っ端に見せられる悪役のコスチュームの常軌を逸した馬鹿っぷりに心理的ブロックが働き、以後は「まぬけ時空」の住人として見てしまうからではないかと。 ツッコミ回数137回の日本記録(参考記録)を持つ、カリフォルニア州知事主演の大C級映画。 みんな見ておけ。 オモシロイぞ。 ああ、それにしてもジム・ブラウン。 アメフト界のヒーローが、なぜにここまで落ちぶれて。

[音楽とサントラ] パパに初めてシンセサイザーを買ってもらった高校生が、そのたぎる情熱を全開でぶつけたような電子音楽を書いたのは、「ビバリーヒルズ・コップ」や「トップガン」などで一世を風靡したハロルド・ファルターメイヤー。 少ない音色を上手に使ったこの二作に比べ、本作はどちらかというと「水で3倍に希釈してみりんを加えたマイアミ・ヴァイス」。 ジョルジョ・モロダーの弟子筋に当たる人なので、音を重ねすぎて安くなっているところはまったく同じ。 もっとも、当時はこういう音楽が「ナウ」だったわけで、今それを言うのは可哀想な気もしますが。 でも「ワルキューレの騎行」を引用するのはやめておけ。 慣れないことをすると足がツリますよ。 (2003/10/24)
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

コナン・ザ・グレート CONAN THE BARBARIAN (1982)
音楽:ベイジル・ポールドゥリス
監督:ジョン・ミリアス
製作:バズ、フェイトシャンズ、ラファエラ・デ・ラウレンティス/製作総指揮:ディノ・デ・ラウレンティス他
原作:ロバート・E・ハワード/脚本:オリバー・ストーン、ジョン・ミリアス
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、 サンダール・バーグマン、ジェームズ・アール・ジョーンズ、マコ岩松、ジェリー・ロペス、ヴァレリー・クイネッセン、マックス・フォン・シドー
CD/1998/VOLCANO/CPC8-5011/VARESE/\2,100/\1,050[中古]
 ジョン・ミリアス、ラウレンティス、オリバー・ストーンと、世界でいちばんアブラぎった人たちが作った世界でいちばん汗臭い映画。 ご存知、シュワルツェネッガーの実質的デビュー作です。 高校生の時に見た懐かしい映画ですが、ロバート・E・ハワードの原作は読んだことがなく、そもそもヒロイック・ファンタジーというジャンルにもまったく興味がないため、いまひとつ盛り上がれませんでした。 そこそこに時間は潰せたんですが、ゴムの肉じゅばんを着たオッサンが猛り回るなんとも大味な映画という印象。 もっとも、ラウレンティスの映画で大味でない映画を探す方が難しいですけど。

[音楽とサントラ] でもね、音楽はすごかったんですよ。 公開当時、カバー演奏の曲をLPで延々と聴いていた記憶があります。 ポールドゥリスの武闘派音楽の始祖ともなった、血と汗と雄たけびの元祖・燃える音楽。 吼えるタイコに荒削りなラッパのヘタさ加減もまたよきかな。 アルバム全編を通して走り続ける上腕三頭筋なアクションスコアに、一服の清涼剤のごとく混じる優雅な顔面表情筋の情愛の描写。 これぞ体育会系筋肉音楽の桃源郷。 現代の映画音楽を語る上で外せない一枚。 未聴の人は見かけたら迷わず購入すべし。(2003/10/24)
Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤・2004年2月発売)を購入  このCD(輸入盤・上記のVARESE盤)を購入   このCD(輸入盤・MILAN盤)を購入 
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

交響組曲 地球 <テラ> へ・・・ TOWARD THE TERRA (1980)
音楽:佐藤勝
(主題歌「地球 <テラ> へ・・・」作曲:小田裕一郎、「愛の惑星」作曲:ミッキー吉野)
監督:恩地日出夫
声の出演:井上純一、秋吉久美子、志垣太郎、薬師丸ひろ子、岸田今日子、神谷明 、池田昌子、増山江威子、古谷徹、久松保夫、沖雅也、野田圭一、三景啓司、石丸博也、塩谷翼、柴田秀勝、八奈見乗児
CD/2003/NIPPON COLUMBIA/COCC-72005/NIPPON COLUMBIA/\1,260
 竹宮恵子原作の劇場用アニメ作品。 すまん、「竹宮恵子」というと、ホモっぽいキャラを見て 「た、たけみやけいこ・・・」 とつぶやく犬井犬太郎しか思いつかん(江口寿史「すすめ!パイレーツ」より)。 原作、映画ともに見てません。

[音楽とサントラ] なのになぜ買っているかというと、もちろん音楽が佐藤勝だから。 いやあようやく出ました幻の一枚。 日本コロムビアが、自社のアニメLPの旧作をそのままCD復刻した ANIMEX1200シリーズ からのリリースです。 ブックレットはLP時代のものではなく簡易版になっており、主題歌の歌詞程度は載っているものの、スタッフ・キャストの記載がなく資料的価値はゼロですが、リマスタリングもされたことだしCDで聴けるだけでもよしとしましょう、このCDに限っては。 個人的に、ここ数年で最大のヒットの復刻であります。 もっとも、LPの解説書にあった恩地日出夫と佐藤勝の「辛口対談」は読みたかったですが。 まあ、これでLPも中古に出回るでショ。

 その辛口対談では、普段はラッシュを見ながら作曲するのに、この作品は映像がまだ出来ていないのでシナリオからイメージを膨らまして作曲したなどの苦労が語られているようです。 佐藤勝自身は、その著書によるとこの音楽に大変不満でした。 役者の表情の裏側にある真の感情をどう表現するかが佐藤勝のテーマだったわけですが、もともと表情のないアニメの登場人物に対しては、それがうまくいかなかったとか(著書が手元にないので記憶で書いてます。 間違っていたら誰かツッコミいれてください)。 ちなみに、佐藤勝はこの作品がはじめてのアニメ作品であり、以後はほとんどアニメ作品を担当しませんでした(「シュンマオ物語 タオタオ」(1981)ぐらいか)。

 さてその音楽はといいますと。 まずはアップテンポのディスコタッチで脱力度満開のダ・カーポの声が聞こえる主題歌(フル収録)のあと、前半はシンセサイザーやハープを隠し味につかったスローな曲が展開。 宇宙の雄大な感覚を表現しているのでしょうが、ホルンなどのブラスが演出する暖かさはいかにも佐藤勝。 そして後半、多少、派手な音使いも現れますが、やはり地に足のついた落ち着いた曲です。 全体に、噴出する寸前の内に秘めたエネルギーを溜めているような緊張感に溢れた作品。 音楽だけ聴くと傑作だと思うのですが。 なおピアノに久石譲も参加しています。(2003/10/01) (2007年8月追記:本CDフル収録+未収録曲+ダ・カーポのイメージ・アルバム『宇宙船地球号〜「地球へ・・・」によせて〜』を併録した「ETERNAL EDITION2007 劇場版 地球へ・・・」も発売されました)

ANIMEX1200シリーズリスト(5000枚限定)(当サイト「サントライダーAMAZONコーナーへ」)
Amazon.co.jp アソシエイト このCDを購入  「ETERNAL EDITION2007 劇場版 地球へ・・・」CDを購入
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

スペースコブラ (テレビ) (1982)
音楽:羽田健太郎
(主題歌作曲・編曲:大野雄二)
制作:東京ムービー新社/放映:フジテレビ系
監督: 出崎統
声の出演:野沢那智、榊原良子、藤田淑子、高島雅羅、小林清志、加藤精三、内海賢二
CD/2003/NIPPON COLUMBIA/COCC-72016/NIPPON COLUMBIA/\1,260
同年に公開されたアニメ映画「SPACE ADVENTURE コブラ」のテレビシリーズ化。 というか、もちろん、寺沢武一のマンガのアニメ化です。 ボンデージなカッコしたお姉ちゃんが目当てでマンガは読んでましたけど、このアニメ放映時は私はもう大学生でしたので、数回しか見てません(平日の7時に家になんかいない)。 主役の声をあてたナッちゃんはイメージにあってたんですが、絵がヘタだなあ、と素直にそう思いました。 まる。

[音楽とサントラ] ところが音楽は羽田健太郎なんでCDを買いであります。 上に紹介している「地球<テラ>へ・・・」同様、 ANIMEX1200シリーズ の一枚で今回が初の単独CD商品化(以前にLD−BOXの付録としてCD化されている由)。 小編成オーケストラを使ったフュージョンタッチの音楽。 ストリングス等で厚みは出しているものの、無理に音を塗り重ねず軽快さを失っていません。 メロディの自己主張はあまり強くないですが、あのアニメにはそういうヒロイズムよりもこの軽快さがあっているのでしょう。 主題歌を担当した大野雄二を意識した(であろう)アレンジの曲もあったりして面白い。 気持ちよく聞かせてくれます。 なお主題歌は二曲ともフル収録。 (2003/10/01) (2004年5月追記:その後、2枚組の「完全版」がリリースされました)

ANIMEX1200シリーズリスト(5000枚限定)(当サイト「サントライダーAMAZONコーナーへ」)
Amazon.co.jp アソシエイト このCD(国内盤)を購入  「スペースコブラ:完全版」を購入
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

S.W.A.T. S.W.A.T. (2003)
音楽:エリオット・ゴールデンサル
(SWATテーマ曲作曲:バリー・デボルゾン)
監督:クラーク・ジョンソン
出演:サミュエル・L・ジャクソン、コリン・ファレル、ミシェル・ロドリゲス、ブライアン・ヴァン・ホルト、オリヴィエ・マルティネス
CD/2003/VARESE/302 066 501 2/VARESE/\2204[輸入盤]
 1975年のアメリカの人気警察ドラマ「特別狙撃隊SWAT」のリメイク。 「俺を逃がしたら一億ドルだ!」とのマフィアのボスの一言で、元SWAT隊員も含む街中の市民が、ボスを護送するSWATチームに次から次に襲いかかる。 市民は全員、防弾チョッキでガチガチに防備を固めていて、アタマを吹き飛ばさないと死なない。 回りは全員敵となった都市から脱出を試みるチームだが、メンバーの中からも金銭で篭絡されたか次々と裏切り者が現れ、いきなり豹変して襲いかかってくる。 ついには町外れのスーパーマーケットに追い詰められ、玄関先に押し寄せる群衆に防戦一方のSWATチーム。 そこに暴走族が乱入し・・・


 えーと。 「ゾンビ」 ですか?


 いやまだ映画見てませんから、適当にウソ書いてますが、製作側が「ゾンビ」を意識してたら面白いなあ。

[音楽とサントラ] なんとまあアブラっこい。 ゴールデンサルというと、「デモリションマン」 「スフィア」 のようにやる気がないダウナーなオケか、「ヒート」のようにほとんどイヤがらせみたいな前衛音楽というイメージがあるのですが、実は「バットマン・フォーエヴァー」みたいにクラシックの基礎をイヤミなまでに前面に出したゴシック・ロマン調の作品もあるのです。 本作「S.W.A.T.」のオケ部分が実はこれ。 これにデジロックのギラギラしたシンセの音とギターがかぶってむにゃくにゃいってるわけで、一言で言ってアブラっこいロック・オーケストラ。 ちょっと胸焼け気味です。 

 ところでSWATというのは実在の組織な訳で、ストーリーも直接関係なさそうだし特に旧作のテレビのリメイクとする必要はないと思うのですが、きっとバリー・デボルゾン作曲のテーマ曲を使いたかったんでしょうね。 もっとも、ゴールデンサル担当分は、一応使いました、と言う程度。 ダニー・セイバーのアレンジバージョンは、悪くはないのですがどうしてこうのったりとダラダラした曲にするのか少々疑問。 原曲のあのタカタカという下降音形のスパッとした切れ味がよかったのになあ。 「若者ウケする曲のアレンジ」というひとつのフレームが、逆にイマドキの映画音楽をせばめているような印象があります。

 以上、まるで酷評のようですが、実はクルマで流して運転している時にはなかなかノレるアルバムではあるんですよ。 いや、フォローじゃなくてね。 (2003/09/26)

・・・(2005/04/01追記) さて、映画を見ることが出来ましたが、自信を持っていえるのは、たとえパクリでも上に書いたプロットの方が面白い。 前半、SWAT新設チームのメンバー集め、後半は護送に伴うアクションなのですが、メンバーの裏切りもドラマの始まりに過ぎないし、ストーリーのヘソを持ってくる位置がちょっと違うような気がします。 この映画の最大の弱点は「テーマがない」ことでしょう。 例えばそれは、いったん実戦部隊をクビになった男の復活の執念でもいいし、憧れのSWATに配属された新人の苦悩でもいい(登場人物はドラマの「SWAT」を知っている、という設定なのですから)。 製作者がそのテーマを信じてようが信じてまいがどうでもよくて、ただそういう副筋がないので映画に芯が通らず、散漫な印象になってしまってます。 それに、(以下ネタバレ伏字>)せっかく入隊試験にハイジャック撃退演習をやってるんだから、クライマックスの飛行機でも同じシチュエーションを持ってこないでどうすんだ。 訓練と同じ状況に追い込まれて、訓練では死ななかったヤツが本番では死ぬ(あるいはその逆)、とかいうシーンで伏線を生かさなきゃウソだろ。 (さらに伏字>)オレは、訓練中に射殺マークがついた隊員がゴマカして合格したのを見て、絶対そう来ると思ったんだが。 ステレオタイプだけどこういうのって意外にキクんじゃないの?。 ヘッタだなあこの脚本。

Amazon.co.jp アソシエイト この映画のDVDを購入  このCD(国内盤)を購入  このCD(輸入盤)を購入

  なおTV版の原曲は、次のアルバムで聴けます。
  TV版オリジナルテーマ=>「Television's Greatest Hits, Vol.3: From the 70's and 80's 」
  リズム・ヘリテッジのレコード版 "反逆のテーマ" => MISSION ACCOMPLISHED(下に紹介しています)  「僕たちの洋楽ヒット Vol.9 1976〜77」 
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

"ミッション・アコンプリッシュド" MISSION ACCOMPLISHED
[コンピレーション盤]

CD/1996/HIP-O/HIPD-40017/各社/\---/\998[輸入盤中古]

[音楽とサントラ] アルバムの副題が "THEMES FOR SPIES & COPS" ということで、60年代から80年代にかけてのアクションテレビドラマ/映画のコンピレーション盤。 この手のアルバムとしては、たかだか11曲の範囲で「秘密諜報員ジョン・ドレイク」から「マイアミ・ヴァイス」まで、という新旧がまぜこぜなのが面白いというか無節操。 私の目当ては「特別狙撃隊SWAT」のリズム・ヘリテッジ演奏版です。 ビルボードの1位にもなったこの曲は、日本でも「反逆のテーマ」というタイトルでリリースされて大ヒットしましたね。 CD購入当時、これがメチャクチャ懐かしくて嬉しくて何十回と聴いたものでした。 リズム・ヘリテッジは他に「刑事バレッタ」のカバーも収録。 こちらもビルボードで20位までいったそうです。

 他の収録曲では、「スパイ大作戦」はラロ・シフリン自身のアルバム・バージョンを、メインテーマ曲と、アルバムタイトルにもなっている「作戦完了のテーマ("MISSION:ACCOMPLISHED")」の2曲収録(シフリンのアルバムに収録されているものと同じ)。 他に「マイアミ・ヴァイス」、「ビバリーヒルズ・コップ」、「ヒルストリート・ブルース」、「国際諜報局」がサントラ・バージョン(正確にはサントラ盤収録のバージョン)。 他の曲はギターをメインにしたビリー・ストレンジ等によるカバーですが、イージー・リスニングとしては悪くないできでしょう。  (2003/09/26)


収録作品: ([ ] 内は作曲者。 < > 内は演奏者。"OST" はサントラ) Amazon.co.jp アソシエイト このCDを購入
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

テレビジョンズ・グレイテスト・ヒッツ TELEVISION'S GREATEST HITS
[コンピレーション盤/テレビドラマテーマ曲集]
CD/1985/CBS SONY/52DP421-2/TVT(TEEVEE TOONS)/\5,200

[音楽とサントラ] ハーバード大の法科を卒業しながら、就職もせんと「僕レコードつくるもん」と寝言をかますオタク(<誉めている)プロデューサー、スティーブ・ゴットリーブが、オタクのコケの一念で作ってしまった、その与太郎ぶり全開の(<讃えている)、アメリカテレビドラマのテーマ曲全集大シリーズの1作目。 20年から30年も前のテレビドラマのテーマ曲の音源をこまめに集め、ないものはオリジナルスコアで再演奏して録音してしまうバカっぷり(<大絶賛)。 レコード業界にこういうマーケットがあることを開拓した貢献者でして、海外テレビドラマファンの方は皆さんご存知のアルバムでしょう。

 アルバムはよっつのブロックで構成。 "Cartoons"(マンガ)、"Sit-Coms"(シチュエーション・コメディ)、"Prime Time Drama"(7時から9時の視聴率の一番取れる時間帯のドラマ)、"Action Adventure" のそれぞれで、1分程度の曲ばかり集めも集めたり全65曲。 "Cartoons" のブロックの曲に関しては、日本で放映された際はほとんど日本語版の主題歌に差し替えられているし、"Sit-Coms" は 私は世代的にミートしないのだけれど、やはり素晴らしいのは後半のドラマ/アクションの曲。 昔のドラマのテーマが聴けるのはもちろんのこと、映画音楽ファンとしてはこんな人がこんな作品を!、という驚きもあることですね。 これは、このCDシリーズを通して全てにいえること(全部で7枚も出てやがります)。 下の収録曲リストでは、気になる作曲家については名前を記載してみました。 まあ、そのリストをごろうじろ。 もうこれだけで十分でしょう。 制作年度を調べるだけで疲れたぜ。 ネット上をあれこれ検索してみましたが、ここまで(ある程度までだけど)リストしているサイトはなかったぜ。 誰か俺を讃えてくれ。

 このCDは、1985年に出た2枚組の日本盤。 現在は廃盤ですが、輸入盤はロングセラーとなっているので入手可能です。 ちなみに輸入盤CDは1枚組なのですが、日本盤の方は確かLPレコードのCD化なので2枚組だったような気がします(間違っていたら誰かツッコミいれてください)。  (2003/09/26)


収録作品: ([ ] 内は作曲者。下記の曲以外に局ロゴ曲等3曲) Amazon.co.jp アソシエイト "TELEVISION'S GREATEST HITS" シリーズを購入(すべて輸入盤)  VOL.1 From the 50's and 60's(上記のCD)  VOL.2 From the 50's and 60's  VOL.3 From the 70's and 80's  VOL.4 Black and White Classics  VOL.5 In Living Color  VOL.6 Remote Control   VOL.7 Cable Ready 
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME

テレビジョンズ・グレイテスト・ヒッツ 70's & 80's TELEVISION'S GREATEST HITS 70's & 80's (1962)
[コンピレーション盤/テレビドラマテーマ曲集]
CD/1990/TVT/TVT1300/TVT/\---/\700[輸入盤中古]

[音楽とサントラ] オタク魂炸裂の "TELEVISION'S GREATEST HITS" シリーズ第3弾で、第一期リリースの最後のアルバム。 3枚目ともなるとオリジナルスコア演奏がアヤしい曲も見受けられますが、まあそれでも持っておきたい1枚です。 収録作品中で面白いのは、チャールズ・フォックスとノーマン・ギンベルという「やさしく歌って」の名コンビの登板作、 日本のアニメ「マッハGo!Go!Go!」のアメリカ放映版主題歌(曲は基本的に日本版と同じ!音楽・越部信義)、ゴールドスミスが自作コンサートピースにも組み込んでいる 黒人教師ディックス("ROOM 222")、「わが家は11人」、「名探偵ジョーンズ」、デイブ・グルーシンの4曲のうち"ST. ELSEWHERE" はセルフカバーもしている名曲、などなど、というところでしょう。 あ、「特攻野郎Aチーム」は英語版ナレーション入りです。 詳細は下記リストを参照。 (2003/09/26)


収録作品: ([ ] 内は作曲者。(" ")内はボーカル曲の曲名) Amazon.co.jp アソシエイト "TELEVISION'S GREATEST HITS" シリーズを購入(すべて輸入盤)  VOL.1 From the 50's and 60's  VOL.2 From the 50's and 60's  VOL.3 From the 70's and 80's(上記のCD)  VOL.4 Black and White Classics  VOL.5 In Living Color  VOL.6 Remote Control   VOL.7 Cable Ready 
ブラウザで戻る TOP OF PAGE MENU HOME


このホームページの記事を作成者の許可なしに転載・複製・編集等をすることを禁じます。
Copyright[C] 1999 by FUNA